児童虐待=99.99999%離婚女の連れ子だ:同居離婚女性の2歳娘の顔叩き左足骨折させる、25歳アルバイト逮捕

今年4月、大阪市淀川区の自宅で同居している女性の2歳の娘に暴行を加え、けがをさせたとしてアルバイトの中村恭次容疑者(25)が傷害の疑いで逮捕されました。

警察によりますと事件の3日後、「経済的な理由で娘を保護してほしい」と女性が児童相談所に相談した際に娘の左頬にあざがあったほか、その後の病院の検査で左足の骨が折れていることがわかったということです。

取り調べに対し中村容疑者は「昼寝をしなかったので怒って顔を叩いたが、足の骨を折るような暴力は振るっていない」と容疑を否認しているということです。毎日放送7月31日

——-

「子ども虐待防止」の名でなされる児童相談所の人権蹂躙:虐待被害を防げないだけでなく、健全な家庭が簡単に崩壊させられます。

母か父のどちらかが親権を持つ「単独親権」となる国は先進国でも見当たりません。日本の「単独親権」は 、最も陰惨な、究極の児童虐待である。

最近離婚(再婚)した女が連れ子を虐待するケースが多発しています。これは単独親権制度や偽DV防止法(親子断絶法)のせいです!これは離婚を教唆する女性相談所や子どもを拉致する児童相談所などのせいです!これは悪法や裁判所のせいです!

イスラムの女性は日本の女性より婦道(妻である者が本来守るべき道)を守っています。この道に則さない女に対して、イスラム教が求める「石打ちの刑」に賛成です。

我々の本当の敵は、外国ではなく、我々の生活と子供たちの未来を破綻させ、子どもを拉致する児童相談所(児童養護施設)、離婚の教唆をする女性相談所(母子支援施設)、お金の為に子供を引き受ける里親や特別養子縁組の盗人「偽父母」なんです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中