拉致天国-日本の真実:「養育里親」の元で赤ちゃん死亡

大阪府は、経済的な事情などで親と暮らせない子どもを一定期間預かる「養育里親」の制度で引き取られていた生後4か月の赤ちゃんが死亡したと発表しました。

事件性はないということですが、府は、府内の里親に対し安全配慮について改めて周知したいとしています。

大阪府によりますと、今月4日の午前7時ごろ、大阪府内の里親が、同じ部屋の布団で寝ていた生後4か月の女の子の赤ちゃんが息をしていないのを見つけ、消防に通報しましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

赤ちゃんの体に外傷などはなく、先月、里親とともに受けた健診の際にも問題はなかったということで、府は事件性はないとしています。

「養育里親」は、経済的な事情などで親と暮らせない子どもを一定期間、里親の元で預かる大阪府の制度で去年9月末の時点で、府内の135の家庭が里親として登録され、77人の子どもが預けられています。

大阪府は「養育里親制度の中でこのような重大なことが起き、非常に残念だ。府内の里親に対し安全配慮について改めて周知を行いたい」としています。関西NHK2月9日

——-

里親、特別養子縁組による児童虐待

大阪の里親──里子の5歳少女に数ケ月に渡って「継続的に」下半身を虐待し、直腸を引き裂いて半年以上の入院、人工肛門の重症を負わせた里親──は、「虐待防止委員」で、地元の「ファミリーサポーター」に登録しており、「熱心な里親」と評価されてました。

北海道の里親──里子の頭にピンを突き刺した──は

里親経験30年以上のベテランで、夫は里親会の会長でした。

同じく北海道で、里子の少女を乱暴し妊娠させた里親も「実績がある人」で「資質や人格に問題があるとは思わなかった」と評価されてました。この事件は、胎児のDNAが容疑者のモノと一致し、里親の「クロ」は確定。

国は、里親を認定する権限を知事に与え、知事は児童を里親に委託する権限を児童相談所長に与えることで、里親業務は主として児童相談所によって担われています。

——-

日本の学校の教師や病院小児科の医師、役所の保健師や病院産婦人科の相談員などは子どもを拉致する児童相談所のスパイです❗絶対に相談をやめてください❗

相談すると何でも虐待に結びつけて貴方の子どもは拉致されてしまいます❗相談すると最悪、貴方の子どもは他人の子になってしまうのです❗相談すると貴方の子どもは児童養護施設の職員や里親や特別養父母の性欲を満足させるための犠牲になると言うおぞましい事件も繰り返し起こっています❗

臓器移植倫理の改定によって、子供もドナーとする方針が進められ、あなたの子供の臓器は誰かの臓器として移植される時代が来ているのです❗これは対象年齢を引き上げた「特別養子」制度の悪魔のような悪用です!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中