養子はいつまでたっても実子にはなりません

みんなの「両親」は実父、実母だけです。

「里親」では本当の親ではありません。特別養子縁組の「養親」は本当の親ではありません。離婚女の「再婚相手」や「交際相手」では親にはなりません。

養子はずっと養子です。実子はずっと実子なのです。実親はずっと実親なのです。

養子はいつまでたっても実子にはなりません。

本当の親と言うものは実父、実母だけなのです。

広告

 我々の本当の敵は

「寧拆十座廟,不毀一樁婚。」離婚を助ける人は幫助罪です;離婚を勧める人は教唆罪です。特別養子縁組の盗人「偽父母」、役所、家庭乱判所=有印公文書偽造同行使罪。死刑になってしかるべき罪です。児童相談所や女性相談所の職員はその先祖代々、子々孫々を含めて私の子孫の敵です!

「子ども虐待防止」の名でなされる児童相談所の人権蹂躙:虐待被害を防げないだけでなく、健全な家庭が簡単に崩壊させられます。

母か父のどちらかが親権を持つ「単独親権」となる国は先進国でも見当たりません。日本の「単独親権」は 、最も陰惨な、究極の児童虐待である。

最近離婚(再婚)した女が連れ子を虐待するケースが多発しています。これは単独親権制度や偽DV防止法(親子断絶法)のせいです!これは離婚を教唆する女性相談所や子どもを拉致する児童相談所などのせいです!これは悪法や乱判所のせいです!

イスラムの女性は日本の女性より婦道(妻である者が本来守るべき道)を守っています。この道に則さない女に対して、イスラム教が求める「石打ちの刑」に賛成です。

我々の本当の敵は、外国ではなく、我々の生活と子供たちの未来を破綻させ、子どもを拉致する児童相談所(児童養護施設)、離婚の教唆をする女性相談所(母子支援施設)、お金の為に子供を引き受ける里親や特別養子縁組の盗人「偽父母」なんです。

日本では北朝鮮の学校が一番安全安心の学校に成り下がってしまったのです!

日本の学校の教師や病院小児科の医師、役所の保健師や病院産婦人科の相談員などは子どもを拉致する児童相談所のスパイです!絶対に相談をやめてください!

相談すると何でも虐待に結びつけて貴方の子どもは拉致されてしまいます。相談すると最悪、貴方の子どもは他人の子になってしまうのです。相談すると貴方の子どもは児童養養護施設の職員や里親や特別養父母の性欲を満足させるための犠牲になると言うおぞましい事件も繰り返し起こっています!臓器移植倫理の改定によって、子供もドナーとする方針が進められ、あなたの子供の臓器は誰かの臓器として移植される時代が来ているのです。これは対象年齢を引き上げた「特別養子」制度の悪魔のような悪用です。

日本では北朝鮮の学校が一番安全安心の学校に成り下がってしまったのです!でも朝鮮語が全然わかりませんし入学も難しいですよね。

——

2012年3月6日‎~ 愛娘は当時1歳3ヵ月、現在 6歳8ヶ月にもなります、行方不明。悪魔の児童行政!児童相談所の闇を暴く! 児童相談所内部資料を公開します

https://fatherslove365.wordpress.com/2017/01/21/01/

暗黑日本の真実-「父の日」: 我が子に会いたい!

2012年3月6日‎~ 当時1歳3ヵ月の愛娘は、現在6歳7ヶ月にもなります、行方不明 !

悪魔の児童行政!児童相談所の闇を暴く! 児童相談所内部資料を公開します

抑圧のあるところには抵抗がある

公権力が国民平穏な生活を脅かしてます。抑圧のあるところには抵抗がある。暴力的な行政に対して武器は必要不可欠なものであるからです。国は国民が武器を保持する権利を侵してはならない。銃刀法は廃止されなければならない。

「子ども虐待防止」の名でなされる児童相談所の人権蹂躙 : 虐待被害を防げないだけでなく、健全な家庭が簡単に崩壊させられます。 母か父のどちらかが親権を持つ「単独親権」となる国は先進国でも見当たりません。日本の「単独親権」は 、最も陰惨な、究極の児童虐待である。

最近離婚(再婚)した女が連れ子を虐待するケースが多発しています。これは単独親権制度や偽DV防止法(親子断絶法)のせいです!我々の本当の敵は、外国ではなく、我々の生活と子供たちの未来を破綻させ、子どもを拉致する児童相談所(児童養護施設)、離婚の教唆をする女性相談所(母子支援施設)、お金の為に子供を引き受ける里親なんです。

「父者子之天也,貶父貶天也者,逆父者逆天也,該受天罰。」「夫者妻之天也,貶夫者貶天也,逆夫者逆天也,該受天罰。」

父は子の天(従うべき者)であり、父を蔑む者は天(従うべき者)を蔑むのである。父に逆らう者は天(従うべき者)に逆らうのであり、この様な者か天罰を受けるのは当然である。

夫は妻の天(従うべき者)であり、夫を蔑む者は天(従うべき者)を蔑むのである。夫に逆らう者は天(従うべき者)に逆らうのであり、この様な者か天罰を受けるのは当然である。

日本国民の私はイスラム教徒ではないですが、イスラムの女性は日本の女性より婦道(妻である者が本来守るべき道)を守っています。私はこの道に則さない女に対して、イスラム教が求める「石打ちの刑」に賛成です。

「君要臣死,臣不死是爲不忠;父叫子亡,子不亡則爲不孝。」

「君主が臣下に死を求める時、臣下が死を断れば忠と言えず、父が子を滅ぼそうとする時;子が滅び命を落とさなければ親不孝である。」

by中山 英雄(Hideo Nakayama)

悪魔の児童行政!児童相談所の闇を暴く! 児童相談所内部資料を公開します

拡散希望です!多くの方々にこの様な行政による残忍な行為が横行していることを知って頂きたい

平成24年3月6日のことです。当時1歳3ヶ月になったばかりの私の娘は東京都児童相談所にとても納得のいかない理由(子供の居る部屋で夫婦喧嘩をした)で虐待認定され連れ去られてしまいました。

でっち上げの虐待理由で一時保護という耳障りの良い言葉を使って拉致されたのです!親の私にさえ現在どこにいるのかも、本当に元気で暮らしているえも知らされることなく行方不明と言う状態です。現在娘は6歳2ヶ月にもなります。

一時保護と言う甘い言葉の拉致が行われた背景には、も家内が外国籍のため東京都北児童相談所の職員が子供を自分達に引き渡せば日本に住み続けられるように出来るからと取引を持ちかけ、虐待として申告するように教唆したことがあるのです。元家内には日本での独自の在留、児童施設は子供の定員を埋めて長期育児予算の確保という汚い利益分配の道具に私の愛する娘が利用されているのです。

これは親権者(日本国民)である私の愛する娘に対して、計画的に行われた国家権力による拉致、誘拐と言う許されざる犯罪行為です。

私は愛する我が子に一目でも良いから会いたいのです。突然、夫婦の仲違いと言う納得できない理由で娘を連れ去られ約4年間もの間、自分の子供に一回も会えない(そして彼らは私の娘が成人するまで施設で搾取しようと目論んでいるのです。)、居場所も知らされない、元気かどうかさえも知らされない等、まさに狂気の沙汰です。

日本国民の私の娘が日本国民の私の元に帰れるように、どうか皆さん、助けて下さい。

子供を施設の利益のために搾取の道具として使うな!子供を速やかに親の元に帰えせ!

拡散希望です!悪魔の児童行政!児童相談所の闇を暴く!  児童相談所内部資料を公開します:

法律を無視する児童相談所の職員とその仲間たち(警察署、子供支援センター、健康福祉センター、福祉事務所を含む)は公然と誘拐を教唆する犯罪者。

刑法第224条によると、未成年者を略取し、または誘拐したものは、三月以上五年以下の懲役に処するそうです。法律を無視する児童相談所の職員は公然と誘拐を教唆するA級犯罪者です。

児童相談所の指導記録票によると、平成24年2月22日から、児相の職員をLに一時保護を同意するため本児の誘拐を教唆し始めましたそうです。また「児相から、乳児院では専門的な職員が24時間で対応するし、住環境もいい。ただ、一緒に泊まるとかは他の児童もいるし、できないことを説明する。最初は皆、泣いたりくずってねないことがあるが、すぐに適応するので心配ない、父についても児相がちゃんと説明し説得するので、その点でも心配になることはないと伝えるが、母は決断することができない。児相の提案として、乳児院の見学を事前にしてみて、それから、再度母の気持ちを聞かせてもらいたいと伝える。母もそれには納得し、近日中に乳児院の見学を行き、母子で逃げるのか、本時を乳児院に預けるのか決断するとのこと」というような教唆内容もあります。

児童相談所の指導記録票から:平成24年2月23日、母から、入電あり。今後について、母子で逃げることを決めた。ただし、乳児院の見学はしたいとのこと。担当司に日程調査をお願いしたい。(了解した。担当司に伝え、乳児院、母、担当司、職員と調整し設定させます。)というような記録があった。

児童相談所の指導記録票によると平成24年2月27日、職員が、警察に相談したら、前回の関係者会議の時と様子が違って「事前に相談や準備をして、母子逃げするなら、父から搜索願いが出たらば、誘拐として捜査せざるを得ない。その場で、暴力等を受けたのなら話は別だが。現在、母は離婚して、親権は父なのだから。」とのこと。

児童相談所の指導記録票より:平成24年3月5日、母の気持ちは、1週間ほどシエルターに母子で逃げて、その後本児を乳児院へ預けたいとのこと。警察署で話はあったと思うが、もし母子でにげた場合、父が本児の搜索願をたすと搜査せざるを得ないということ、搜査になれば形といえども、その後の本児の面会や母の入国に影響、不利になるため、そのためにも母と本児をそれぞれ保護したい。本児を保護した後、面会は出来るし、母もその間に弁護士に在留資格の延長、親権変更について相談してみたらどうかと提案する。母は、本児は大丈夫であるか、面会はできるか、また一度自分の身を守るため、父の脚にお湯をかけたことがあり、父はきっと傷害罪で訴えてくるのではないかと、心配な様子もあったが、保護することに同意する。明日の14時に母宅へ児童職員が迎えに行き、福祉事務所へ。福祉事務所から母と本児を保護することにした。同時に児相から父へ本児の保護の同意を得るための家庭訪問をすることを伝えた。

児童相談所の指導記録票によると、平成24年3月6日14:00、母の意思を确認する。昨日の家庭訪問のとおり、母子それぞれ逃げて、母はビザの更新、親権変更について手続を進めたい気持である。昨日は、家から1歩もでなかった。電話に出なかったのは本児と遊んでいて着信に気がつかなかった。

——

子どもを拉致された後、私は何回も警察署に元妻が私にお湯をかけて火傷さた傷害事件の件を告訴しましたが警察はその度にやる気がなく不受理。仕方なく私は警視庁と東京都公安委員会に苦情申告し、それでやっと警察署は被害屆を受けつける体たらく。
しかし、被害者の私に対して指紋採取を強要し写真も撮られ、私は容疑者と同じ扱いを受けました。被害届を取下げにしないと、先に子供の前で夫婦喧嘩を見せたと言う児童虐待容疑で私を送検すると脅す始末です。納得できませんでしたが仕方なく被害届を取下げました。何で警察はこんな行動に出るのでしょうか?その原因は、警察と児童相談所との協力が義務づけられたことによる利益共有の密約によるのです。

 

児童相談所に拉致された日の前の日の写真です

2011‎年12月‎25日の1(当時親権は私のです)

2011‎年12月‎25日の2(当時親権は私のです)

2011‎年12月‎25日の3(当時親権は私のです)

cimg4823cimg4824cimg4825cimg4826cimg4827cimg4828cimg4829cimg4830cimg4831cimg4832cimg4833cimg4834cimg4835cimg4836cimg4837cimg4838

 
https://fatherslove365.wordpress.com/2017/01/21/01/

https://kyuen365.wordpress.com/

 

 

 

平成25年成績優秀な美少女(処女)と結婚した。平成26年愛娘誕生。現在、夫婦円満、愛娘元気です。拡散希望です:多くの方々にこの様な行政による残忍な行為が横行していることを知って頂きたい!

 

平成25年成績優秀な美少女(処女)と結婚した。平成26年愛娘誕生。現在、夫婦円満、愛娘元気です。拡散希望です:多くの方々にこの様な行政による残忍な行為が横行していることを知って頂きたい!