母子家庭などの貧困家庭から富裕層に子どもが流れるような社会を作っては、絶対にならない!

 

児童虐待への対策を口実に「児童相談所強化」や「親権制限」や「里親制度」や「特別養子縁組」などの名を借りて、

母子家庭などの貧困家庭から富裕層に子どもが流れるような社会を作っては、絶対にならない!

広告

家庭破壞促進ダイヤル189にすることは 子どもの大事な人生を破壞します❗️ウソの虐待通報、法的問題である❗️

家庭破壞促進ダイヤル189にすることは子どもの大事な人生を破壞します❗️ウソの虐待通報、法的問題である❗️

——

さて、最近もごくごく身近で児童相談所問題で相談を頂きます。

私達団体で最近増えてきたなぁ~と認識をしているのが、児童虐待防止の為に設けられている通報義務を悪用したトラブルです。

近隣住民や、保育園、幼稚園のママ友、教育現場による教員からの嫌がらせによる通報。

特に近隣住民からの、子育て家庭への物音や泣き声などでただ、ただ、煩いから通報と言う実例が目立ってきています。

こうした被害に遭われると、通報された側は、見に覚えがないのに玄関先に警察や児童相談所職員に訪問され精神的にショックを受けて、周りが気になりビクビクした育児をしなければならなくなるという悪循環をうんでしまいます。

通報した側は、匿名で守られ。

通報された側は、見に覚えがないし、誰がそんな言いがかりをつけてるのか把握すら出来ず言い知れぬ憤り不安を覚えてしまうのは人間なら誰もがそうなる当然の心理だと思います。

こどもの成長年齢により、親子の関係性も違ってきます。乳幼児の頃は、身の回りのお世話に生きるための衝動への欲求を泣き叫んだりして自己表現します。

それより大きくなり修学前、小学校、中学生となれば、生活リズムに対する躾や、自分の個人のやりたいことへの要求などで親と議論したり時には対立することもあるでしょう。

年齢により様々な変化をしていく家庭の中までこどもの成長による変化にまで第三者が外から介入するのは非常に難しくて、ただ、第三者の価値観や主観のみでは決めつけたり判断できません。

だからって、事実確認を(近隣住民なら尚更)する勇気もないのに、ただ、うるさいなんか気に入らない、こどもの泣き声は嫌い、こどもが嫌いなどで通報システムを悪用するのは、人の道理に反しますし、それにより夜勤で常勤している児童相談所の職員を振り回し、余分な業務をさせることとなり、それもただの業務妨害でしかないとなります。

知っていただきたいのは、通報があれば40時間以内に現場に確認に出向かなければならないので、人手が不足してしまう事態を、嫌がらせの通報は招いてしまいます。

都合よく世間は民事不介入とする風習があるのに、通報さえあれば、嫌がらせでも、確認なくても、疑いでも、通報された側は、訪問され、質疑され、戸惑ってしまいます。

何のための児童虐待防止通報義務による3桁番号システムなのかを把握し、皆さんもその御家庭の立場に立ち考えてあげなければならないと、思います。

安易な通報、特に嫌がらせ通報はしない。

そして万が一された側になった場合は、インターホンがなり身分を聞かないまま安易にドアを開けずに、警察なら警察手帳を提示させ、何署の誰々かフルネームで聞きその場で冷静にメモをしてください。

勿論、児童相談所の職員にも一人一人聞いて控えてください。

それを拒むは法律違反ですからそこは強く強要してください。

亡くなる命を一人でも多く救わなければなりませんが、こどもの成長による家庭での姿に、親子関係のあり方に安易に傷を入れる行為も避けたいものです。

【ストップ❗その通報、責任持てますか?】作者:子どもの權力を被害考える会

日本によるアメリカとの子ども拉致問題

日本→アメリカ:北朝鮮による日本人拉致問題;

アメリカ→日本人:日本によるアメリカとの子ども拉致問題。

子どもの拉致、実効支配反対!

日本国内で子どもの拉致が許されるなら、朝鮮の拉致された人はもう帰ってこないね。実効支配した者勝ち。だから、竹島、北方領土も日本の領土ではないと。

「子曰、己所不欲、勿施於人」。「己の欲せざる所は、人に施す勿れ」。子どもの拉致、実効支配反対!

拉致天国-日本の真実:『 児童相談所拉致被害親子が国外亡命 』

長崎県大村市の児童養護施設に入所していた小学3年女児(9)がオランダに連れ去られた事件で、長崎県警から所在国外移送略取容疑で国際手配されている母親(32)が、オランダの裁判所から女児との同居を認められ、オランダ中部の都市で女児と一緒に暮らしていることが分かった。

日本では女児は母親から虐待を受けたとして施設入所の強制措置が取られていた。母親は読売新聞の取材に応じ、女児を連れ去ったことを認めた上で「ずさんな調査で虐待があったとして引き離され、一緒に暮らすには連れ去るしかなかった」と話している。

厚生労働省虐待防止対策室によると、施設入所の強制措置を受けた子どもが親から海外に連れ去られたケースについて「聞いたことがなく、どう対応すべきか分からない」としている。

母親によると、現在、オランダのIT関連企業に勤務している。昨年10月24日、女児を施設近くで連れ去り、同26日に以前に働いたことがあったオランダに入国。その後、女児は日本側から連絡を受けた警察に一時保護された。母親については、同30日から現地の裁判所で虐待の有無などを調べる審判が行われた。

審判の決定書によると、計4回にわたる審理で、「現在、虐待の兆候や心配はない」と判断。社会福祉士や医師らの母子に対する支援態勢が整っていることなどから、12月29日、「子どもの安全を保証することができる」などとして、母親と一緒に暮らすことを認める決定が出された。

「なぜ一時保護が増え続けるか。実は『保護単価』といって、保護1人につき何十万円、国から補助金が出る。予算請求した分を使い切らないと翌年から予算削減されてしまう。だから恣意的な一時保護や保護の延長が行われたりする。

児童福祉施設の場合、子どもを18歳まで育てると、教育費などを除いた養育経費は約1億ほどといわれる一方で、里親の場合、子ども一人当たり約何千万円ほどといわれています。

公権力が国民平穏な生活を脅かしてます。抑圧のあるところには抵抗がある。暴力的な行政に対して武器は必要不可欠なものである。国は国民が武器を保持する権利を侵してはならない。銃刀法には断固反対です。

「子ども虐待防止」の名でなされる児童相談所の人権蹂躙 : 虐待被害を防げないだけでなく、健全な家庭が簡単に崩壊させられます。 母か父のどちらかが親権を持つ「単独親権」となる国は先進国でも見当たりません。日本の「単独親権」は 、最も陰惨な、究極の児童虐待である。

最近離婚(再婚)した女が連れ子を虐待するケースが多発しています。これは単独親権制度や偽DV防止法(親子断絶法)のせいです!我々の本当の敵は、外国ではなく、我々の生活と子供たちの未来を破綻させ、子どもを拉致する児童相談所(児童養護施設)、離婚の教唆をする女性相談所(母子支援施設)、お金の為に子供を引き受ける里親や特別養子縁組の盗人「偽父母」なんです。

将来:優生保護法(強制不妊手術)と同じ児童福祉法(児童拉致、児童誘拐)やDV防止法(親子割断)などの悪政一齊提訴を!

現在、生活保護受給者の妊婦さん:原因不明の切迫流産に絶対に気をつけてください!悪徳の産婦人科医師がいる!

日本の学校教師や保育園保育士や病院小児科の医師、役所の保健師や病院産婦人科の相談員や子ども支援センターなどは子どもを拉致する児童相談所のスパイです!絶対に相談をやめてください!相談すると何でも虐待に結びつけて貴方の子どもは拉致されてしまいます。相談すると最悪、貴方の子どもは他人の子になってしまうのです。

相談すると貴方の子どもは児童養養護施設の職員や里親や特別養父母の性欲を満足させるための犠牲になると言うおぞましい事件も繰り返し起こっています!臓器移植倫理の改定によって、子供もドナーとする方針が進められ、あなたの子供の臓器は誰かの臓器として移植される時代が来ているのです。

母か父のどちらかが親権を持つ「単独親権」となる国は先進国でも見当たりません。日本の「単独親権」は 、最も陰惨な、究極の児童虐待である。

最近離婚(再婚)した女が連れ子を虐待するケースが多発しています。これは単独親権制度や偽DV防止法(親子断絶法)のせいです!これは離婚を教唆する女性相談所や子どもを拉致する児童相談所などのせいです!これは悪法や裁判所のせいです!

我々の本当の敵は、外国ではなく、我々の生活と子供たちの未来を破綻させ、子どもを拉致する児童相談所(児童養護施設)、離婚の教唆をする女性相談所(母子支援施設)、お金の為に子供を引き受ける里親や特別養子縁組の盗人「偽父母」なんです。

‪「子どもはみんなの宝です」と偽って私腹を肥やすのですか?!あなたは盗人です!‬

‪私の子は私の宝で、あなたの子はあなたの宝です!‬

‪私の子は実父や実母である私が育てるべきなのです!‬

‪ あなたの妻はみんなの宝ですか?!‬

みんなの「両親」は実父、実母だけです。

「里親」では本当の親ではありません。特別養子縁組の「養親」は本当の親ではありません。離婚女の「再婚相手」や「交際相手」では親にはなりません。

養子はずっと養子です。実子はずっと実子なのです。実親はずっと実親なのです。

養子はいつまでたっても実子にはなりません。

本当の親と言うものは実父、実母だけなのです。

将来:優生保護法(強制不妊手術)と同じ児童福祉法(児童拉致、児童誘拐)やDV防止法(親子割断)などの悪政一齊提訴を!

あなたの妻はみんなの妻ですか?!

あなたの妻はみんなの妻ですか?!

「子どもはみんなの宝です」と偽って私腹を肥やすのですか?!あなたは盗人です!

私の子は私の宝で、あなたの子はあなたの宝です!

私の子は父親や母親である私が育てるべきなのです!

あなたの子は父親や母親であるあなたが育てるべきなのです!

あなたの子は私のものですか?!

あなたの妻は私のものですか?!

あなたのお金は私のものですか?!

あなたの土地は私のものですか?!

あなたの建物は私のものですか?!

あなたの家は私のものですか?!

あなたは盗人です!!!

あなたの子はみんなの宝ですか?!

あなたの子はみんなの子ですか?!

あなたの妻はみんなの宝ですか?!

あなたの妻はみんなの妻ですか?!

あなたのお金はみんなのお金ですか?!

あなたの土地はみんなのものですか?!

あなたの建物はみんなのものですか?!

あなたの家はみんなの家ですか?!

あなたは盗人です!

(2016年5月27日,児童福祉改正法成立)

子どもの拉致、実効支配反対!

 

子どもの拉致、実効支配反対!

日本国内で子どもの拉致が許されるなら、朝鮮の拉致された人はもう帰ってこないね。実効支配した者勝ち。だから、竹島、北方領土も日本の領土ではないと。

「子曰、己所不欲、勿施於人」。「己の欲せざる所は、人に施す勿れ」。子どもの拉致、実効支配反対!

日本→アメリカ:北朝鮮による日本人拉致問題 ;

アメリカ→日本人:日本によるアメリカとの子ども拉致問題 。

拉致天国-日本の真実:『 児童相談所拉致被害親子が国外亡命 』

長崎県大村市の児童養護施設に入所していた小学3年女児(9)がオランダに連れ去られた事件で、長崎県警から所在国外移送略取容疑で国際手配されている母親(32)が、オランダの裁判所から女児との同居を認められ、オランダ中部の都市で女児と一緒に暮らしていることが分かった。

日本では女児は母親から虐待を受けたとして施設入所の強制措置が取られていた。母親は読売新聞の取材に応じ、女児を連れ去ったことを認めた上で「ずさんな調査で虐待があったとして引き離され、一緒に暮らすには連れ去るしかなかった」と話している。

厚生労働省虐待防止対策室によると、施設入所の強制措置を受けた子どもが親から海外に連れ去られたケースについて「聞いたことがなく、どう対応すべきか分からない」としている。

母親によると、現在、オランダのIT関連企業に勤務している。昨年10月24日、女児を施設近くで連れ去り、同26日に以前に働いたことがあったオランダに入国。その後、女児は日本側から連絡を受けた警察に一時保護された。母親については、同30日から現地の裁判所で虐待の有無などを調べる審判が行われた。

審判の決定書によると、計4回にわたる審理で、「現在、虐待の兆候や心配はない」と判断。社会福祉士や医師らの母子に対する支援態勢が整っていることなどから、12月29日、「子どもの安全を保証することができる」などとして、母親と一緒に暮らすことを認める決定が出された。

実の容疑者や虐待者は児童相談所と女性相談所と日本の法律です!

不実記事:食事与えず放置、容疑で“父母”を逮捕 目黒女児虐待死(産経新聞6月6日)

不実記事:死亡の5歳、ノートに「おねがいゆるして」“両親虐待”容疑(朝日新聞6月6日)

不実記載:5歳女児虐待死、“両親逮捕”=ノートに「ゆるして」―保護責任者遺棄致死容疑・警視庁(時事通信6月6日)

被害者結愛ちゃんの実父はどこにいますか?

日本人の「両親虐待」、「父親虐待」の真実 :   結愛ちゃんは船戸雄大容疑者の実子ではない!

“両親”「虐待発覚恐れ病院行かず」(6月6日NHK WEB): 警視庁や児童相談所などによりますと、船戸雄大容疑者と優里容疑者は数年前から交際を始め、その後結婚して優里容疑者の子どもの結愛ちゃんも一緒に香川県善通寺市で生活していました。

船戸雄大容疑者は、「妻」と船戸結愛ちゃん、1歳の長男の4人暮らし。船戸結愛ちゃんは船戸雄大容疑者の実子ではなく、「妻」の連れ子だった。

「子ども虐待防止」の名でなされる児童相談所の人権蹂躙:虐待被害を防げないだけでなく、健全な家庭が簡単に崩壊させられます。

母か父のどちらかが親権を持つ「単独親権」となる国は先進国でも見当たりません。日本の「単独親権」は 、最も陰惨な、究極の児童虐待である。

最近離婚(再婚)した女が連れ子を虐待するケースが多発しています。これは単独親権制度や偽DV防止法(親子断絶法)のせいです!これは離婚を教唆する女性相談所や子どもを拉致する児童相談所などのせいです!これは悪法や裁判所のせいです!

我々の本当の敵は、外国ではなく、我々の生活と子供たちの未来を破綻させ、子どもを拉致する児童相談所(児童養護施設)、離婚の教唆をする女性相談所(母子支援施設)、お金の為に子供を引き受ける里親や特別養子縁組の盗人「偽父母」なんです。

実の容疑者や虐待者は児童相談所と女性相談所と日本の法律です!

https://fatherslove365.wordpress.com