子ども第一に考え、元妻の交際相手殺害、刃物で14回めった刺し…

三郷市で今年1月、元妻の交際相手の男性を殺害したとして、殺人などの罪に問われた同市泉、無職の被告(36)の裁判員裁判の論告求刑公判が25日、さいたま地裁(高山光明裁判長)で開かれた。検察側は被告に懲役18年を求刑し、弁護側は同10年以下を主張。被害者参加弁護人は同22年を求めて結審した。

論告で検察側は、被告が刃渡り11・8センチの折り畳み式ナイフで被害者の胸部を中心に少なくとも14回めった刺しにするなど、極めて強固な殺意があったと指摘。元妻に暴力を振るうなどして関係を破綻させたのは被告自身にもかかわらず、一方的に被害者に憎しみを募らせたとした。

弁護側は、被告が子ども2人を第一に考え、元妻と4人で暮らそうとしていたが、突然現場に現れた被害者に「親らしいことを何もしていないくせに」と言われ、「突発的に殺してしまった」と主張。事前にナイフを買ったのは「子どもに太鼓のばちを作るためで計画性はない」とした。

意見陳述した被害者男性の母は「息子がいなくなった日から悲しみ、苦しみ、憎しみ、怒りでいっぱい。息子の命を奪った被告を一生許すことはできない」と訴えた。

起訴状などによると、被告は1月27日午後10時5分ごろ、三郷市三郷3丁目の書店駐車場で、車の運転席にいた同市の自動車整備士宇田川亮さん=当時(34)=の胸部をナイフで複数回突き刺して殺害したとされる。埼玉新聞9月25日

広告

私は○○党に投票したいですが 

私は○○党に投票したいですが 、○○党(児童相談所)は 私の子を行政拉致したまま帰してくれません。

私は○○党に投票したいですが ○○党(女性相談所)は私の前妻に離婚教唆して私の家庭を破滅させました。

2012年3月6日‎-当時1歳3ヵ月の愛娘は、現在 6歳10ヶ月にもなります、行方不明。

悪魔の児童行政!児童相談所の闇を暴く! 児童相談所内部資料を公開します

https://fatherslove365.wordpress.com/2017/01/21/01/

養子はいつまでたっても実子にはなりません

みんなの「両親」は実父、実母だけです。

「里親」では本当の親ではありません。特別養子縁組の「養親」は本当の親ではありません。離婚女の「再婚相手」や「交際相手」では親にはなりません。

養子はずっと養子です。実子はずっと実子なのです。実親はずっと実親なのです。

養子はいつまでたっても実子にはなりません。

本当の親と言うものは実父、実母だけなのです。

 我々の本当の敵は

「寧拆十座廟,不毀一樁婚。」離婚を助ける人は幫助罪です;離婚を勧める人は教唆罪です。特別養子縁組の盗人「偽父母」、役所、家庭乱判所=有印公文書偽造同行使罪。死刑になってしかるべき罪です。児童相談所や女性相談所の職員はその先祖代々、子々孫々を含めて私の子孫の敵です!

「子ども虐待防止」の名でなされる児童相談所の人権蹂躙:虐待被害を防げないだけでなく、健全な家庭が簡単に崩壊させられます。

母か父のどちらかが親権を持つ「単独親権」となる国は先進国でも見当たりません。日本の「単独親権」は 、最も陰惨な、究極の児童虐待である。

最近離婚(再婚)した女が連れ子を虐待するケースが多発しています。これは単独親権制度や偽DV防止法(親子断絶法)のせいです!これは離婚を教唆する女性相談所や子どもを拉致する児童相談所などのせいです!これは悪法や乱判所のせいです!

イスラムの女性は日本の女性より婦道(妻である者が本来守るべき道)を守っています。この道に則さない女に対して、イスラム教が求める「石打ちの刑」に賛成です。

我々の本当の敵は、外国ではなく、我々の生活と子供たちの未来を破綻させ、子どもを拉致する児童相談所(児童養護施設)、離婚の教唆をする女性相談所(母子支援施設)、お金の為に子供を引き受ける里親や特別養子縁組の盗人「偽父母」なんです。

強い殺意に基づいて行われた犯行:児童相談所職員切りつけ父親英雄に懲役8年判決

児相職員切りつけ男に懲役8年判決

児童養護施設で児童相談所の男性職員を刃物で切りつけたとして殺人未遂などの罪に問われた下仁田町の自営業、茂木政昭被告(41)の裁判員裁判の判決公判が8日、前橋地裁で開かれ、鈴木秀行裁判長は懲役8年(求刑懲役10年)と包丁1本没収を言い渡した。

鈴木裁判長は判決理由で、「殺傷能力のある包丁で頭部などを多数回切りつける一方的かつ執拗で、強い殺意に基づいて行われた犯行」と指摘。「殺人未遂事件の中では重い部類に位置する」とした。

起訴状などによると、茂木被告は2月24日、前橋市の児童養護施設で、児童相談所職員=当時(54)=を包丁で切りつけ殺害しようとし、全治1カ月のけがを負わせたとしている。産経新聞9月9日

https://kyuen365.wordpress.com/2017/07/01/476/

https://kyuen365.wordpress.com/2017/07/12/479/

https://kyuen365.wordpress.com/2017/05/31/460/

https://kyuen365.wordpress.com/2017/02/24/0430/

児童虐待=99.99999%離婚女の連れ子だ:今静香・井上嘉和容疑者の詳細情報!

 

不実記事:死亡した4歳男児に虐待の疑い 母親と元夫を逮捕

4歳の長男を虐待したうえ、入院先の病院で死亡させたとして母親と元夫が逮捕されました。

警察によりますと、今静香容疑者(32)と元夫の井上嘉和容疑者(53)はおととし8月、神奈川県秦野市のアパートで、長男の井上優斗ちゃんに暴行を加えて急性硬膜下血腫などの傷害を負わせました。優斗ちゃんは入院して治療を続けていましたが、去年10月に死亡しました。今容疑者は当時、病院側に「兄妹で戦隊ごっこをしている時に意識がなくなった」などと話したということです。ただ、優斗ちゃんの体全体にあざがあったため、病院は「虐待の疑いがある」として警察に通報していました。警察の取り調べに対して、2人は容疑を否認しています。テレビ朝日8月26日

——

不実記事:神奈川・秦野市、4歳息子虐待死容疑で元夫婦逮捕

おととし、神奈川県秦野市で当時4歳の息子に暴行を加え、その後、死亡させたとして32歳の母親と元夫が逮捕されました。

傷害致死の疑いで逮捕されたのは、自称・飲食店従業員、今静香容疑者(32)と元夫で無職の井上嘉和容疑者(53)です。2人はおととし8月、秦野市内のアパートで息子の井上優斗くん(当時4)の頭部などに暴行を加え、死亡させた疑いが持たれています。

優斗くんは意識不明の状態で今容疑者と井上容疑者に車で病院に連れてこられ、1年あまりたった去年10月、急性硬膜下血腫などによる蘇生後脳症で死亡しました。

今容疑者は「殺したのは(元夫の)嘉和です」。井上容疑者は「知りません」と2人とも容疑を否認しています。優斗くんの体には、頭や腕などほぼ全身にわたりアザがあり、警察は日常的に虐待があったとみて捜査しています。(TBS8月26日)

——–

長男暴行死の疑いで母親ら逮捕

神奈川・秦野市で、当時4歳の長男に暴行を加え、死亡させた母親と当時の養父の男が逮捕された。

傷害致死の疑いで逮捕された、今 静香容疑者(32)と井上嘉和容疑者(53)は、2015年8月、当時住んでいた秦野市のアパートの一室で、当時4歳の井上優斗ちゃんに暴行を加えて、急性硬膜下血腫などの傷害を負わせ、死亡させた疑いが持たれている。

調べに対して、今容疑者は「殺したのは、嘉和(井上容疑者)です」と供述していて、一方の井上容疑者は「知りません」と、2人とも容疑を否認しているという。

優斗ちゃんの体には、複数のあざがあったということで、警察は、日常的に虐待があったとみて捜査している。フジテレビ系(FNN)8/26

今静香容疑者のFacebook:

https://www.facebook.com/kamalie.y.r.ohana.a.s

——–

「子ども虐待防止」の名でなされる児童相談所の人権蹂躙:虐待被害を防げないだけでなく、健全な家庭が簡単に崩壊させられます。

母か父のどちらかが親権を持つ「単独親権」となる国は先進国でも見当たりません。日本の「単独親権」は 、最も陰惨な、究極の児童虐待である。

最近離婚(再婚)した女が連れ子を虐待するケースが多発しています。これは単独親権制度や偽DV防止法(親子断絶法)のせいです!これは離婚を教唆する女性相談所や子どもを拉致する児童相談所などのせいです!これは悪法や裁判所のせいです!

イスラムの女性は日本の女性より婦道(妻である者が本来守るべき道)を守っています。この道に則さない女に対して、イスラム教が求める「石打ちの刑」に賛成です。

我々の本当の敵は、外国ではなく、我々の生活と子供たちの未来を破綻させ、子どもを拉致する児童相談所(児童養護施設)、離婚の教唆をする女性相談所(母子支援施設)、お金の為に子供を引き受ける里親や特別養子縁組の盗人「偽父母」なんです。

4歳女児がプールで重体、2人の保育士が監視

 

24日午後4時前、さいたま市緑区の保育園から「プールで遊ばせていた子どもが気づいたら浮かんでいた」と119番通報がありました。救急隊がかけつけると、4歳の女の子が意識のない状態となっていて、病院に運ばれましたが重体です。

当時、屋外にあるプールで19人の園児が遊んでいて、2人の保育士が監視にあたっていたということで、警察が詳しい状況を調べています。(TBS24日)