あなたの妻はみんなの宝ですか?!

「子どもはみんなの宝です」と偽って私腹を肥やすのですか?!あなたは盗人です!

私の子は私の宝で、あなたの子はあなたの宝です!私の子は実父や実母である私が育てるべきなのです!

あなたの妻はみんなの宝ですか?!

広告

親権制限ではなく、実父実母共同親権を!

親権制限ではなく、実父実母共同親権を!

反日準備校の児童相談所と女性相談所強化ではなく、廃止して、警察署に女性児童部新部署を!

暗黒日本の真実:親権変更!(犯人は児相、警察)

暗黒日本の真実:親権変更!(犯人は児相、警察)

児童相談所の指導記録票によると平成24年2月27日、職員が、警察に相談したら、前回の関係者会議の時と様子が違って「事前に相談や準備をして、母子逃げするなら、父から搜索願いが出たらば、誘拐として捜査せざるを得ない。その場で、暴力等を受けたのなら話は別だが。現在、母は離婚して、親権は父なのだから。」とのこと。

児童相談所の指導記録票より:平成24年3月5日、母の気持ちは、1週間ほどシエルターに母子で逃げて、その後本児を乳児院へ預けたいとのこと。警察署で話はあったと思うが、もし母子でにげた場合、父が本児の搜索願をたすと搜査せざるを得ないということ、搜査になれば形といえども、その後の本児の面会や母の入国に影響、不利になるため、そのためにも母と本児をそれぞれ保護したい。本児を保護した後、面会は出来るし、母もその間に弁護士に在留資格の延長、親権変更について相談してみたらどうかと提案する。母は、本児は大丈夫であるか、面会はできるか、また一度自分の身を守るため、父の脚にお湯をかけたことがあり、父はきっと傷害罪で訴えてくるのではないかと、心配な様子もあったが、保護することに同意する。明日の14時に母宅へ児童職員が迎えに行き、福祉事務所へ。福祉事務所から母と本児を保護することにした。同時に児相から父へ本児の保護の同意を得るための家庭訪問をすることを伝えた。

児童相談所の指導記録票によると、平成24年3月6日14:00、母の意思確認する。昨日の家庭訪問のとおり、母子それぞれ逃げて、母はビザの更新、親権変更について手続を進めたい気持である。昨日は、家から1歩もでなかった。電話に出なかったのは本児と遊んでいて着信に気がつかなかった。

——

子どもを拉致された後、私は何回も警察署に元妻が私にお湯をかけて火傷さた傷害事件の件を告訴しましたが警察はその度にやる気がなく不受理。仕方なく私は警視庁と東京都公安委員会に苦情申告し、それでやっと警察署は被害屆を受けつける体たらく。(写真)

しかし、被害者の私に対して指紋採取を強要し写真も撮られ、私は容疑者と同じ扱いを受けました。被害届を取下げにしないと、先に子供の前で夫婦喧嘩を見せたと言う児童虐待容疑で私を送検すると脅す始末です。納得できませんでしたが仕方なく被害届を取下げました。何で警察はこんな行動に出るのでしょうか?その原因は、警察と児童相談所との協力が義務づけられたことによる利益共有の密約によるのです。

児童相談所に拉致された日の前の日の写真です

2011‎年12月‎25‎日の3ー当時1歳1ヵ月の愛娘。

日本で苦しんでいる人たちを救って!

東京都女性相談センター所長和田芳子VS 和田滋子(元:和田義雄、元:和田義久、元:和田ひさ)

東京都女性相談センター所長和田芳子VS 和田滋子(元:和田義雄、元:和田義久、元:和田ひさ)

平成24年3月6日、東京都北児童相談所(所長和田芳子)は 外国人の客観的証拠のない話に基づき,外国人を教唆したうえ,親権者である日本国民の私したから第2子(愛女)を拉致,誘拐させたもので,計画的な犯罪行為というべきである。

平成24年3月6日、私の子ども(第2子)を拉致した元東京都北児童相談所長和田芳子は 現在東京都女性相談センター所長和田芳子です!

私の子ども(第2子)が無理矢理住まされていた家の大家は和田滋子(和田義雄、和田義久、和田ひさ)です。住所:東京都大田区下丸子三丁目8-16。この住所は女性児童保護施設の可能性が高いです!

84日間の滞在ですぐに他の関係者の家に回されましたが、この間に予算から支払われた敷金礼金や家賃は日本国民の税金そのものです。東京都大田区調布福祉事務所。

私の子ども(第2子)はその後 短時間の四年間に何回も東京都大田区、東京都西東京市、茨城県土浦市、茨城県守谷市などに引っ越ししているため 養育環境を不安にしている。

増税ばかりの日本・・・税金の使い道は適正なんですか?まず無駄使いを止めてください!

暗黒日本の真実:「なぜ一時保護が増え続けるか。実は『保護単価』といって、保護1人につき何十万円、国から補助金が出る。予算請求した分を使い切らないと翌年から予算削減されてしまう。だから恣意的な一時保護や保護の延長が行われたりする。

児童福祉施設の場合、子どもを18歳まで育てると、教育費などを除いた養育経費は約1億ほどといわれる一方で、里親の場合、子ども一人当たり約何千万円ほどといわれています。

2012年3月6日‎-当時1歳3ヵ月の愛娘は、現在 7歳6ヶ月にもなります、行方不明。

悪魔の児童行政!児童相談所の闇を暴く! 児童相談所内部資料を公開します
https://fatherslove365.wordpress.com/2017/01/21/01/

あなたの妻はみんなの妻ですか?!

あなたの妻はみんなの妻ですか?!

「子どもはみんなの宝です」と偽って私腹を肥やすのですか?!あなたは盗人です!

私の子は私の宝で、あなたの子はあなたの宝です!

私の子は父親や母親である私が育てるべきなのです!

あなたの子は父親や母親であるあなたが育てるべきなのです!

あなたの子は私のものですか?!

あなたの妻は私のものですか?!

あなたのお金は私のものですか?!

あなたの土地は私のものですか?!

あなたの建物は私のものですか?!

あなたの家は私のものですか?!

あなたは盗人です!!!

あなたの子はみんなの宝ですか?!

あなたの子はみんなの子ですか?!

あなたの妻はみんなの宝ですか?!

あなたの妻はみんなの妻ですか?!

あなたのお金はみんなのお金ですか?!

あなたの土地はみんなのものですか?!

あなたの建物はみんなのものですか?!

あなたの家はみんなの家ですか?!

あなたは盗人です!

(2016年5月27日,児童福祉改正法成立)

子どもの拉致、実効支配反対!

 

子どもの拉致、実効支配反対!

日本国内で子どもの拉致が許されるなら、朝鮮の拉致された人はもう帰ってこないね。実効支配した者勝ち。だから、竹島、北方領土も日本の領土ではないと。

「子曰、己所不欲、勿施於人」。「己の欲せざる所は、人に施す勿れ」。子どもの拉致、実効支配反対!

日本→アメリカ:北朝鮮による日本人拉致問題 ;

アメリカ→日本人:日本によるアメリカとの子ども拉致問題 。

拉致天国-日本の真実:『 児童相談所拉致被害親子が国外亡命 』

長崎県大村市の児童養護施設に入所していた小学3年女児(9)がオランダに連れ去られた事件で、長崎県警から所在国外移送略取容疑で国際手配されている母親(32)が、オランダの裁判所から女児との同居を認められ、オランダ中部の都市で女児と一緒に暮らしていることが分かった。

日本では女児は母親から虐待を受けたとして施設入所の強制措置が取られていた。母親は読売新聞の取材に応じ、女児を連れ去ったことを認めた上で「ずさんな調査で虐待があったとして引き離され、一緒に暮らすには連れ去るしかなかった」と話している。

厚生労働省虐待防止対策室によると、施設入所の強制措置を受けた子どもが親から海外に連れ去られたケースについて「聞いたことがなく、どう対応すべきか分からない」としている。

母親によると、現在、オランダのIT関連企業に勤務している。昨年10月24日、女児を施設近くで連れ去り、同26日に以前に働いたことがあったオランダに入国。その後、女児は日本側から連絡を受けた警察に一時保護された。母親については、同30日から現地の裁判所で虐待の有無などを調べる審判が行われた。

審判の決定書によると、計4回にわたる審理で、「現在、虐待の兆候や心配はない」と判断。社会福祉士や医師らの母子に対する支援態勢が整っていることなどから、12月29日、「子どもの安全を保証することができる」などとして、母親と一緒に暮らすことを認める決定が出された。

実の容疑者や虐待者は児童相談所と女性相談所と日本の法律です!

不実記事:食事与えず放置、容疑で“父母”を逮捕 目黒女児虐待死(産経新聞6月6日)

不実記事:死亡の5歳、ノートに「おねがいゆるして」“両親虐待”容疑(朝日新聞6月6日)

不実記載:5歳女児虐待死、“両親逮捕”=ノートに「ゆるして」―保護責任者遺棄致死容疑・警視庁(時事通信6月6日)

被害者結愛ちゃんの実父はどこにいますか?

日本人の「両親虐待」、「父親虐待」の真実 :   結愛ちゃんは船戸雄大容疑者の実子ではない!

“両親”「虐待発覚恐れ病院行かず」(6月6日NHK WEB): 警視庁や児童相談所などによりますと、船戸雄大容疑者と優里容疑者は数年前から交際を始め、その後結婚して優里容疑者の子どもの結愛ちゃんも一緒に香川県善通寺市で生活していました。

船戸雄大容疑者は、「妻」と船戸結愛ちゃん、1歳の長男の4人暮らし。船戸結愛ちゃんは船戸雄大容疑者の実子ではなく、「妻」の連れ子だった。

「子ども虐待防止」の名でなされる児童相談所の人権蹂躙:虐待被害を防げないだけでなく、健全な家庭が簡単に崩壊させられます。

母か父のどちらかが親権を持つ「単独親権」となる国は先進国でも見当たりません。日本の「単独親権」は 、最も陰惨な、究極の児童虐待である。

最近離婚(再婚)した女が連れ子を虐待するケースが多発しています。これは単独親権制度や偽DV防止法(親子断絶法)のせいです!これは離婚を教唆する女性相談所や子どもを拉致する児童相談所などのせいです!これは悪法や裁判所のせいです!

我々の本当の敵は、外国ではなく、我々の生活と子供たちの未来を破綻させ、子どもを拉致する児童相談所(児童養護施設)、離婚の教唆をする女性相談所(母子支援施設)、お金の為に子供を引き受ける里親や特別養子縁組の盗人「偽父母」なんです。

実の容疑者や虐待者は児童相談所と女性相談所と日本の法律です!

https://fatherslove365.wordpress.com